天然トリ頭

最近食べ過ぎ注意報発令中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

APS-Cではなくて35mmである理由 

イチデジの主流であるAPS-Cではなく
35mmフルサイズである必要はどこに?

確かに
”見えるままに写真を撮る”

それでも問題ないのですが
思った通りに撮れないのが問題なのだと思う

思った通りの絵って何?
それは35mmで撮ってたときのイメージです
実はそんな単純な理由だったんです^^;
   
例えば
私の大好きなレンズ
85mmを使ってポートレートをやったとしましょう

85mmのレンズはAPS-Cでは1.5倍になりますから
127mmのレンズと同じくらいの写りになります
確かに望遠で撮影する事もありますが常用はできませんね

もし無理して使うと
3~5m離れて撮影してたのが8m離れないとダメとか(笑)
あまり人物撮影する距離とは言えなさそうですね(苦笑)

ではレンズを換えて50mmにしてみましょう
画角的には1.5倍で70mmと良さそうな感じです
撮影する距離も問題ありません

しかし
今度はボケ味の問題が出てきてしまいます
広角はボケが少ないのです><

こんな感じで何か良くすれば何か悪くなる
堂々巡りを繰り返して
「とどのつまり35mmかぁ」となる訳です^^;



ここまで書くとAPS-Cの利点って何もなさそうな感じに聞こえてしまいますね
しかし1つだけ35mmでは勝てない利点があるのです!

それは望遠での撮影

望遠レンズで明るいレンズは高いので有名です
明るくなくてもそこそこの値段はしてしまうものです

100mmより200mm
200mmより300mm
遠くのものを大きく写すには高い出費が必要です

しかしAPS-Cなら1.5倍で撮影できます!
今まで200mを使ってて300mmが欲しい!と思ってた人も
何もしないでも300mmの絵が手に入るのです
これはすごい!(笑)

望遠になるとボケ味も充分で
何が何でも35mmのフルサイズである必要はありません

私も100-300mmのレンズを持ってますから
450mmの望遠レンズが手に入ったような写真が撮れています
ありがたや~

もし35mmフルサイズのカメラ買っても
動物園とか行くときはα700の出番になるだろうな^^

そんな感じで使い分けれれば良いかなー



そうそう

なぜ35mmと言う呼び名があるのか?
それはフィルムの大きさが35mmだからです

最初のデジカメはAPS-Cを採用して
イメージセンサーがその大きさに対応してなかったんですね
APSは想像の通りフィルム時代にもあったAPSです
小さいサイズで同じ写真が撮れると言う触れ込みで出てた気がします
忘れましたが(何

当時は35mmと同等のイメージセンサーは高額で
とてもデジカメに使えるほど量産も出来なかったのでしょう
これからは35mmも量産され さらにお手頃に!(笑)
 
スポンサーサイト
[ 2009/08/23 00:00 ] 写真 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Aqua-M(あくあむ)

管理人:Aqua-M(あくあむ)
◆性別:男性
◆誕生:夏生まれ
◆生息:遠州地方
◆趣味:車・酒・写真など
◆特記:親バカ
◆一言:
 車・写真・天体に
 振り回されてます!

連絡用フォーム

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク

無断リンクが多いです(汗)
リンク不可の時は
コチラからお知らせください
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。