FC2ブログ

天然トリ頭

最近食べ過ぎ注意報発令中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天体観望の小道具 

たいした話ではありませんが
天体観望をする時に便利かな?と思うものを準備してみました


特にアレは必需品です!
そうしないと眼が死にます(笑)
  まず最初に写真をお見せしましょう

20081223_1

最初にケースが目に入ると思いますが
実は手作りケースなのです(何

中に入ってる3つの部品は接眼レンズと言って
望遠鏡で覗く側に付ける部品です
このレンズを換える事によって倍率を変更するのです

望遠鏡の倍率は焦点距離とこのレンズにで決定されます
私の持っている望遠鏡の焦点距離は600mmです
※焦点距離は望遠鏡毎に異なります

私の持っている接眼レンズは25mm 10mm 6mmの3種類ですが
この数値で割った物が倍率となります
なので順番に24倍 60倍 100倍となります


話が逸れました(汗

この接眼レンズをしまうケースが欲しかったのですが
専用ケースを買うと万としそうです
そこで100円ショップで丁度良さそうなケースと
洗車用の大きなスポンジを買って自作しました
見た目は…ですが機能としては充分です^^
フタを閉めればちゃんと取っ手が付いています
ちょっと開きやすいのが欠点です><


お次は左下にある黒い丸い物です
コレが秘密兵器その1
”満月なんて怖くないさ!”です(何
注)そんな名前ではありません

前の記事でも書きましたが満月を望遠鏡で覗くと
とても直視できないほど明るく困りました
そこでこの部品を接眼レンズに取り付けます
すると程よく減光してお月様が見易くなるのです♪

これで次回の満月観望も怖くありません!(笑)


お次はその上
なにやら赤く見えるものですが
右にあるフラッシュライトの先端に取り付ける部品です
もぉ判りますよね!
ライトの光を赤くするものです

暗闇に慣れた目に白い明かりは天敵です
自販機の光も天敵です(何
暗闇に眼が完全に慣れるまでに1時間掛かるそうです
折角慣れたのに強い光を見てしまうと
回復するまで時間が掛かってしまうのです

しかしそれでも明かりがないと困ることもあります
そんな時に出番です

赤い明かりは刺激が少なく
暗闇に慣れた眼に優しいのです
そして回復も白い光に比べたら短時間で済みます

実際に使ってみましたが
まさにその通り!
明るいところに慣れた眼でこの光を見ると暗く感じましたが
暗闇に慣れた眼でこの光を見ると充分の明るさに感じました


慣れってすげー(笑)


写真のフラッシュライト先端に付いている
怪しげな赤い円錐形の筒も同じ役割をします

ちょっと違うのは光を拡散するディフューザーと言う物です
物を照らすより明かりで知らせる様な使い方になります


最後に一目瞭然コンパス(方位磁針)です
購入したものは蓄光タイプで
バックライトの代わりになる物を選びました

使い方としては
初めての天体を見付けるとき
資料上では方角が判るけど実際どこよ?って時に
使おうと思い買ってみました

しかし知ってる天体から明るい星を目印にして行けば
大体判っちゃうけどね(苦笑)

それに悔しいことにこの夜光塗料
”6時間持つ!”なんて書いてあった割には
20分くらいで見えなくなるし騙されました><

まぁ方位磁針としては充分使えるので
出番になるまで眠ってて貰うとします



今度は星図が載った本が欲しくなってきました
パソコンは便利だけど
やっぱ目に痛いです(笑)
 
スポンサーサイト
[ 2008/12/23 19:00 ] 天体関係 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Aqua-M(あくあむ)

管理人:Aqua-M(あくあむ)
◆性別:男性
◆誕生:夏生まれ
◆生息:遠州地方
◆趣味:車・酒・写真など
◆特記:親バカ
◆一言:
 車・写真・天体に
 振り回されてます!

連絡用フォーム

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
リンク

無断リンクが多いです(汗)
リンク不可の時は
コチラからお知らせください
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。